銀シャリのオーダースーツ

大阪人としては毎年チェックせな、と楽しみにしていたM-1グランプリが
先日行われましたね。

今年の優勝は銀シャリ。
僕は敗者復活からそのまま和牛でも良かったと思いましたが、
いやでも、スーパーマラドーナを含めて最後の3組はどれも
本当におもろかった。

でも、今回は銀シャリで納得ですね。
今まで獲ってなかったことが不思議なくらいだから。

銀シャリといえば、青いオーダースーツがトレードマーク。
赤いネクタイとのコントラストがまた、大阪人ぽいセンスで
いいじゃないですか。ちょっと昭和の漫才師みたいで。

実際「やすし・きよし」へのリスペクトがあってという意味も
あるそうですが、コンビ結成当初は黒スーツとかいろいろ試行錯誤が
あったようです。
周りからも賛否両論あった青いオーダースーツですが、でも
今ではすっかり銀シャリと言えば、的なマークになってますからね。

昔は銀シャリのようにコンビでおそろいのスーツというのが鉄則
だったような気がしますが、最近の若手はオシャレさんが多いせいか
ばらばらなセンスというのが普通。
そんな中、銀シャリが青いオーダースーツにこだわったのには
「私服がダサい」という理由もあったそう。もちろん、覚えてもらう
ため、というのが第一ですがお互いに私服をけなしてよく喧嘩に
なっていたそうなので、一石三鳥というところでしょうか。

昔ながらの大阪のお笑いを大切にしたスタイルの銀シャリ。
今後の活躍にも期待です。

カテゴリー: オーダースーツ, 大阪ニュース — admin 11:22 AM